トップページ | 自動車保険の特徴 »

2010年4月 7日 (水)

ETCを使った障害者割引制度の概要

有料道路では障害者のための割引制度があります。
身体障害者の方が自分で車を運転する場合や、重度の身体障害者(知的障害者)の方が同情する場合には、通行料金の割引を受けることができます。

これは走行条件のいい有料道路の料金を割引くことで、障害者の方の通学や通勤、通院などの日常生活活動をサポートしようというサービスです。

障害者割引制度を利用した場合、通行料金の50%以下の割引を受けることができます。
障害者割引制度を利用するためには、事前に登録をする必要があります。
登録の申請は福祉事務所などで行っています。

ETC利用での割引を受ける場合には、申請時に身体障害者手帳や自動車検査証、ETCカード、ETC車載器セットアップ申込書・証明書などの書類が必要となります。

またETCの障害者割引制度には有効期限があるので、更新したい場合には有効期限が切れる前に福祉事務所などで更新の手続きを行うようにしてください。更新の際にも身体障害者手帳や自動車検査証、ETC車載器セットアップ申込書などの書類が必要となります。

トップページ | 自動車保険の特徴 »

自動車保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1355014/34114438

この記事へのトラックバック一覧です: ETCを使った障害者割引制度の概要:

トップページ | 自動車保険の特徴 »

無料ブログはココログ